新時代・ゲーム界の可能性!自分で超えるから意味がある

26歳、某バイクメーカーの事務員をしています。
私が夢中になったものは、某サウンドボックス型のPCゲームです。

ゲームといえば「スマホのアプリで空き時間に楽しむもの」というような位置付けにあった私にとっては、まさかここまでハマるとは思ってもいませんでした。
もともと話題になっており、元彼がハマっていたというのが、始めたきっかけです。少しでも会話のネタになるものが欲しく、軽い気持ちで始めました。

 

テレビゲームのソフトと比べるととても安価で購入でき、一部マルチサーバーを利用したときに希望者のみの課金があるくらいで、その後の課金というものがほとんどありません。

 

利用者はほぼ無課金ユーザーではないでしょうか。

 

一時転職の合間に無職期間があったので、夢中になってからは1日18時間ほど楽しんでいました。仕事をしている今でも、1日4時間ほどは楽しんでいます。

 

この生活がスタートしてから、早2年過ぎました。

 

サウンドボックス型ゲームの魅力というのは、いろいろなところで語られていますが、一番は「好きな世界を造れる」というところではないでしょうか。

 

自然が広がった世界で、木や石などを採取したり、動物を育てて食料にしたり、地下洞窟へ探検に行くなど、サバイバル生活を楽しむことができます。

 

他には、思い思いの建築物を建てることもできるので、住宅街をつくったり、すでに存在しているテーマパークや建物を再現することもできます。

 

とある国では、地形を再現できるために、PCの中で実寸大の国をそのゲームで再現させ、地理の学習に採用しているほどです。

また、プログラムを組むことで、もっと可能性を広げることができます。

 

アクションゲーム、ダンジョンゲーム、RPGなど、「買う」ことがあたりまえだったものに、「作る」という選択肢が与えられたということです。

 

インターネットでつながった世界中の人と一緒に、冒険し、ラスボスを倒しに行くというようなアドベンチャーも手軽に体験できます。

 

クリエイティブな感性を大いに刺激してくれる、新しいツールの誕生を感じました。

 

私が好きな楽しみ方は、さまざまな建築物をつくり、新たな世界を創造することです。インターネットで集まった同志とともに、ロードオブザリングの世界を再現することを楽しんでいます。
いつか満足のいくものが完成できたら、世界に向けて公開できればと考えています。

 

今までは、与えられたものだけで楽しむ世界だったゲーム。

 

これからは、自分たちで創り上げる新しいポジションを確立していくのだと思います。

ワンナイトラブ

ワンナイトラブも同じような考え方かもしれません。自分の行動力が全てであり、結果を残す最大の要因は自分にあります。
決められた物の中で戦うのではなく、既成概念すらも取っ払うことがワンナイトラブをする為の条件だ。

仕事を辞めてギャンブル三昧が生み出す恐怖

“20年以上会ったいなかった父が亡くなったと、6年前の冬、兄から連絡がありました。兄に種々の手続きを頼み、相続放棄の手続きも始めました。1か月経った時、債権者である銀行からの連絡がありました。負債は6600万でした。若い頃から、何回も起業しては失敗することを繰り返していた父だったので、借金があることは予想していました。けれど、これほどの額とは思いませんでした。

家庭裁判所に、相続放棄の必要書類を送ったのですが、足りない書類があって、あちこちの役所から、除籍謄本や改製原戸籍などを取り寄せ、何とか手続きが終わり、相続放棄申述受理証明書を送ってもらって、債権者に郵送しました。
そして、その3年後の6月、今度は、兄が亡くなりました。生活苦のための自殺でした。ギャンブルを止めることができず、収入を上回る浪費を続けていたのでした。
兄も、借金があることは間違いなく、相続放棄をしなければならないのですが、相続するのは、まず、母なので、先に母の相続放棄をしなければなりません。前回の相続放棄で、必要書類は分かっていたので、いくつもの市役所に書類を申請し、すべてを揃えて、家庭裁判所に送りました。

母の相続放棄が認められると、今度は、自分の分の相続放棄です。また、いくつもの市役所に書類を申請し、家庭裁判所に送り、申述を受理されました。

2人分の相続放棄申述受理証明書を5枚ずつ送ってもらい、債権者からの通知に備えました。父の場合は、大きな銀行でしたが、兄の債権者は、サラ金ばかりでした。

1か月後に100万円が1件、その1か月後に、50万円が1件と、債権者からの通知が来ました。その度に、証明書を送りました。

3か月で計4件、300万で、もう終わったかと思っていた年末に、もう1件、請求がありました。あちらも年末で、片づけたかったのでしょう。最後の証明書を送りました。

相続放棄は、手間暇がかかっただけですが、マンションの清掃に30万、永代供養に50万、大家さんには、改装費を120万、そして家賃を2年分200万払いました。こんなことは、もう二度とご免です。

仕事を辞めたい事例などの成功事例もありますが、皆が正しい方向に働いていける保証はありません。

漫画ではお金は武器にもなるし、引き金にもなると書いていました。

仕事を辞めたいと思うその日まで、、、

パチンコは積み重ならない!レバレッジをかけて借金地獄へ

シンプルな原理さえ理解できていれば、お金持ちに慣れたりするのです。
知っておくべきことはお金を増やすためには3つの知識があるということです。

1つは収入を増やすということ。
2つ目は支出を減らすということ。
3つ目は資産を増やすということ。

この3つを理解して、それに適合した行動をすることが重要です。
これらの中で最も重要なのは収入を増やすということです。
今無職ならば、この収入がゼロということになります。
だから一刻も早く仕事を見つける必要があります。

また、アルバイトやパートならそれほど稼げないでしょう。
非正規雇用全体に言えることですが、圧倒的大多数が低収入に抑えられていると言えます。
その場合の選択肢は出来るだけ高い給料がもらえる仕事につくということです。
特に正規雇用を目指すことは重要です。

それに加えて、収入を増やすというときに重要なのは短期的な視点ではなく、より長期的な視点を持つことです。
例えば、入った時には給料がそれほど高くなくても、徐々に昇給していくことが確実な公務員や大手企業のサラリーマンになるのは有効な戦略だと言えます。

それに定年時にもらえる退職金なども考慮して生涯年収という視点で考えてみると良いと思います。
大手企業なら定年後も嘱託として雇用される可能性も高まりますから、見かけ以上にメリットがあったりします。
また、営業に自信がある人なら、月給制よりもフルコミッション制で働いたほうが高収入を期待できます。
もし、今の会社の給料が低く、今後も昇給がそれほど期待できない場合、あるいは会社の業績が悪く、ボーナスが期待できない場合などはどう
したら良いのでしょうか。

転職という選択肢もありますが、年齢や自分のスキルから考えて転職すればさらに条件が悪い仕事しかないという可能性もあり得ます。
ですから、転職に関しては慎重に判断するようにしましょう。

そうした時には本業とは別に副業をして収入を増やすという方法もあります。
例えば会社が終わってから別のところでアルバイトをするとか、あるいは休日を利用してアルバイトをすることも一つの方法です。
また、家で内職をするという方法もあるでしょう。

今はインターネットを使えば、副業も比較的、簡単にできるようになっています。
インターネットを使った副業としてはオークションやアフィリエイト、せどり、ネットショップなど、色んな種類があります。
中には本業を超える副業収入を持つ人も少なくありません。

もし、結婚していて妻が専業主婦の場合、妻がパートに出るだけでも収入は増えます。
いろんな点を総合的に考えて、最も収入が増える方法を実行するのが良いと思います。
思い切って独立開業することで収入を増やした人もいます。
次に支出を減らすということを考えてみたいと思います。

いくら収入が増えても、それを闇雲に使っているようではお金は全然残りません。
高収入の人でも貯金が全然ないという人がいたりしますが、それはもらった分だけ使ってしまうという生活スタイルが原因であったりします。
お金というのは収入から支出を引いた分しか残りません。

だから大切なことは如何に支出を押さえていくかということなのです。
節約には色々とテクニックがあるので、それを知るだけでもかなりのお金を浮かすことができたりします。
また賃貸住宅に住んでいる人の場合、より家賃の安いところに移ったり、車を持っている人はそれを手放すだけで、かなり支出を減らすことができたりします。

意外なところでお金がかかっているのが保険です。
保険は一度入るとそのまま疑うことなく払い続けてしまう傾向があります。
ですが状況が変わると見直しが必要なのが保険です。

定期的に見直す習慣を身につけ、無駄な保険料の支払いを失くすようにしましょう。
また、ギャンブルなどの無駄な支出は論外です。

あなたの周りにもパチンコやスロット、あるいは競馬や競艇などにハマっている人がいると思います。
そうした人は例外なく、金欠生活を送っていたりします。
そもそもギャンブルは胴元が儲かるようになっています。
そんなシステムの中でいくら頑張ってもお金を吸い取られるだけで無駄なのです。

ギャンブルというのは上限がないので、あればあるだけ使ってしまう傾向にあります。
そうしたザル状態だとお金を増やすことなど無理だと言って良いでしょう。
最後に資産を増やすということを考えてみたいと思います。
通常の収入以外に資産がある人は資産から収益があり、より資産が拡大していく傾向があります。

例えば、定期預金にお金を預けておけば何もしなくても利子分だけお金が増えていると思います。
また株式や投資信託などお金を増やす金融商品はたくさんあります。
そうした資産運用を上手く行えば効果的にお金を増やすことも可能です。